女性に人気!リラクゼーションマッサージをチェック

一度は行きたいリラクゼーション

リラクゼーションとマッサージ

駅前や街中で、最近特によく見かける様になったリラクゼーションの文字。 それもそのはず、国内のリラクゼーションやマッサージのサービスを提供するサロンは、今やコンビニの2倍もの件数があるのです。 これだけあると、どのサロンに行こうか迷ってしまいますね。 目的別に、人気のリラクゼーションを調べました。

PCやスマホで疲れた目に

「マッサージ」とは、身体に触れてさすったり、撫でたり、揉んだりすることで痛みやだるさを和らげることです。
実は、この言葉を使用できるのは国家資格を持つあん摩マッサージ指圧師だけだという事をご存じでしたか?
あん摩マッサージ指圧師になるには、養成学校に3年間通い、200時間の講習及び実習を受け、国家試験を受ける資格を得、試験に受かる必要があります。
国家資格を持って初めて、医療行為として「マッサージ」することができるのです。

リラクゼーションサロンでも、同じようなことをしているように思えますよね。
多くのサロンでは、痛みや症状を改善させることを目的としておらず、疲れているお客様を癒し、リラックスさせることを目的としています。
結果として症状が和らぐこともあるかもしれませんが、あくまで結果であって、サロンは「改善できます」とは謳えません。

ただ、リラックスしたい、疲れを取りたい、という目的でリラクゼーションサロンを訪れる方に、資格の有無を気にする方はあまりいらっしゃらないと思います。
深刻な痛みを抱えた方は整形外科や鍼灸師、指圧師等を選ぶでしょう。
リラクゼーションサロンを選ぶポイントは、居心地の良さ、スタッフとの相性等が強い様です。
そして、ジャンルにも、ヘッドスパ、リフレクソロジーなど、部分的にトリートメントしてもらうタイプや、アロマテラピーやアーユルヴェーダ、タイ古式、バリニーズ(バリ式)など様々なものがあります。
一つのサロンに決めて通うのも良いですが、いろんなジャンルを試してみるのも楽しいです。

着衣のままでお手軽リラクゼーション

仕事や家事が忙しく、じっくり時間が取れない、肌を露出してのボディケアはちょっと…。 そんな方でも、合間の時間に、着衣のままで受けられるリラクゼーションもあります。 疲労やストレスが貯まりやすいのになかなか時間が取れない方にはもってこいのボディケアですね。

たまにはたっぷりご褒美リラクゼーション

日頃の疲労やストレスをため込んでしまった時は、じっくり時間をかけて全身のメンテナンスをしたいものです。 香り立つアロマオイルを使ったアロマテラピーやインドの伝統医術でもあるアーユルヴェーダやハワイ発のロミロミなど、様々なボディケアがあります。 自分へのご褒美に楽しんでみてはいかがですか。